レビュー
» 2012年10月23日 08時00分 公開

ホワイトペーパー:新標的型攻撃対策選定「6つのポイント」とは? 今注目の「標的型攻撃対策」バイヤーズガイド

新型標的型攻撃の具体的な対策の選定フェーズに入った企業も少なくないだろう。しかし、対策を謳うソリューションがあまりにも多く存在する中、何に注目して選定をするべきなのか。本書は注目すべきポイントを6つあげ、その内容について解説する。

[PR/ITmedia]

 2011年は、標的型攻撃がその新たな攻撃方法をもって多くの企業を不安に陥れた年となった。多くの企業にとって2012年は、その脅威に立ち向かっていく年となっている。

 従来型対策が役にたたないとまで言われてきた本攻撃だが、現在では多くのメーカから「標的型対策ソリューション」が発表され、対策の選択肢も整った。

 一方で、多くの選択肢があることで、何を基準に対策をすべきなのかを見失う可能性もある。

 この攻撃、つまり持続的標的型攻撃は複数のフェーズに分かれることから、それぞれのステージを理解したうえで、何から対策すべきかを検討する必要がある。

 本書は、中でも注目を集めている「出口対策」にフォーカスし、選定で注目すべき項目を6つピックアップし、解説する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -