ニュース
» 2012年10月23日 12時07分 公開

島根銀行、日本IBMとのアウトソーシング契約を延長

システム運用管理や業務アプリケーション開発などのアウトソーシング契約を島根銀行と日本IBMが更改した。

[ITmedia]

 島根銀行と日本IBMは10月23日、2004年7月から行ってきたシステムの運用・管理、銀行業務アプリケーションの開発・保守に関するアウトソーシング契約を更改したと発表した。新たな契約は2012年10月から2017年12月まで。

 契約内容は、これまでと同様に島根銀行のシステム関連部門のうち、企画・立案機能を除く、オンラインシステムの運用・管理、銀行業務ソフトの開発・保守を日本IBMに全面的に委託するというもの。加えて、事業継続や災害対策としてのバックアップシステムを、島根銀行の本番システムが稼働している日本IBMの大阪南港データセンターから遠隔地に設置した。

 今後は、IBMのマネージド・クラウドサービスなどを活用し、システムの維持管理コスト削減やIT資源の効率的運用を目指すとしている。

関連キーワード

IBM | アウトソーシング


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -