レビュー
» 2012年10月25日 08時00分 公開

ホワイトペーパー:仮想化ロックインからの逃げ道、Red Hat KVM移行の鍵とは?

Red Hat Enterprise Linux 6 with Kernel-based Virtual Machine on Dell PowerEdge R710 異種仮想化製品間における仮想マシン移行。

[PR/ITmedia]

 2007年ごろから日本では企業のサーバ仮想化統合が一般的となった。今まさにリプレイスの時期で、今年は仮想化環境の見直しや大規模な仮想化製品間の移行プロジェクトなども発生している。

 しかし、移行を阻むものもある。それは仮想化製品によるロックインだ。サーバの仮想化はロックインを緩和できる点がメリットとして掲げられていたが目に見えにくい「仮想化ロックイン」が生まれた。そこで「ロックインの排除」を行うために Linux に仮想化技術を持たせ仮想化ホストとするKVMという仕組みが実装された。KVMは既存の仮想化製品に対する2つ目の選択肢を提供する。これにより仮想化製品におけるロックインを緩和することができたが、既存の仮想化製品上にて、すでに稼働している仮想マシンを移行する仕組みが必要だ。

 ここではDell PowerEdge R710での異種仮想化製品間における仮想マシン移行検証の結果を踏まえ、Red Hat Enterprise Linux 6に含まれる仮想マシン移行ツール「virt-v2v」を使い、移行する方法について解説しよう。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -