レビュー
» 2012年10月29日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:なぜWebアプリが重い原因が分からないのか。「手探り」のデバッグ作業をやめるには

Webアプリケーションの性能、特に顧客向けWebサービスの性能は、ビジネスの死活問題になりつつある。これまであまり有効な手立てがなかったWebアプリケーションのパフォーマンス問題を解決する勘所を紹介する。

[PR/ITmedia]

 Webサイトなどのシステムを活用して行う業務やビジネスは増え続けている。

 顧客向けのサービス品質の尺度として「効率」が重要になるが、特に昨今主流のWebアプリケーションでは、いつもより動きが遅いだけでもユーザーはストレスを感じ、それが機会損失にも繋がりかねない。

 しかし、情報システム部門や運用担当事業者は、そうしたユーザーの報告を受けてもなかなかうまく対応できないことも少なくなかった。

 この資料では、Javaや.NETなどのWebアプリケーション性能に課題を抱えている担当者のために、その理由と解決方法を紹介している。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ