ニュース
» 2012年11月01日 15時43分 UPDATE

日本セーフネット、仮想化環境向けの暗号化ソリューションを発表

VMwareの仮想環境およびクラウド環境に対応するセキュリティ製品を日本セーフネットが発表した。

[ITmedia]

 日本セーフネットは11月1日、VMwareの仮想化環境やクラウド環境に対応するデータ暗号化ソリューション「SafeNet ProtectV」を発表した。

 ProtectVは、仮想マシンや仮想記憶ボリュームにおけるデータの暗号化と暗号鍵、認証などの管理を可能にするもので、VMwareのvShieldやvCenter、また、Amazon Web Servicesのサービスに対応する。また、監査ログの利用などからPCI DSSといったデータガバナンスへの順守も支援するという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -