レビュー
» 2012年11月12日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:今求められるセキュリティ対策とは?〜情報セキュリティプラットフォームの構築〜

サイバー攻撃や機密情報流出への確実な対処に必要なのは、多重防御型の情報セキュリティプラットフォーム構築

[PR/ITmedia]

 多発する標的型攻撃、情報漏えい事件・事故などからわかるように、企業に対する攻撃の手法の急速な変化、また内部・外部からの様々な原因からの漏えいなど、新たな脅威が予想のつかない状況で発生しています。サイバー空間の急速な広がりにより、これまでのウイルス対策、ファイヤーウォール、スパム対策など事象解決型ツールで、新たな脅威に対抗するには、セキュリティの担保の限界にきているとも言えます。

 その状況下において、リスクを低減し、セキュリティを担保する最適な「情報セキュリティプラットフォーム」の構築が、今企業に求められている重要な課題です。

 情報セキュリティプラットフォームの構築およびセキュリティの担保には以下の重要な要素・条件を最低限網羅することが必要です。

- 外部からのセキュリティ脅威からの影響ならびに対応負荷を最小限に抑える素早い対応力

- クラウド、モバイル、仮想化など様々な革新的な企業環境の柔軟な保護および管理能力

- セキュリティポリシーコンプライアンスへの遵守・統制

 標的型攻撃に備える4つのステップとともに、その重要項目である「情報セキュリティプラットフォーム」の構築について、具体的な方法をご紹介いたします。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -