レビュー
» 2012年11月21日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:ハンコの電子化が実現するペーパーレス化のコスト削減効果

コスト削減効果が高いとされるオフィスのペーパーレス化。紙文書ではどれだけのコストが掛かるのか。ペーパーレス化することで何が削減できるのか。コストを試算するとともに、ペーパーレス化に必須の電子印鑑やその事例を紹介する。

[PR/ITmedia]

 コスト削減の一手法として誰もが一度は検討する「ペーパーレス化」。その効果は認めつつも、日本独自の文化である押印承認が課題になる。電子印鑑を導入するとなれば、新たなIT投資も必要になる。

 では、紙文書で業務を継続した場合、年間でどれだけコストが掛かるのか。本ホワイトペーパーでは、まず紙代、トナー/電気代、配送に掛かる費用など、紙文書にまつわるコストを洗い出して年額を試算。これにより、ペーパーレス化のコスト削減効果を明らかにする。そしてペーパーレス化に伴って必要となる電子印鑑「パソコン決裁」とワークフロー機能搭載文書管理システム「DocGearCabinet」の機能を紹介。文書を電子化しても紙文書時代と同等あるいはそれ以上のワークフロー環境を実現する各種機能と価格について解説する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -