ニュース
» 2012年11月30日 13時03分 UPDATE

スマートデバイス向けの電子カタログサービスをスタート、NTT Com

NTTコミュニケーションズは、スマートフォンや タブレット端末で閲覧可能な電子カタログサービスを開始した。

[ITmedia]

 NTTコミュニケーションズは11月30日、タブレット端末やスマートフォン向けの電子カタログサービス「Biz Suite eカ

タログ」を開始した。カタログやマニュアル、会議資料などのデータを同社のデータセンターで一元管理し、タブレット端末やスマートフォンからアクセスして閲覧できる。

 新サービスは文書や動画、音声などのデータに対応。タブレット端末やスマートフォンからタッチ操作でコンテンツを利用できる。データの本体はデータセンターのクラウド基盤上で安全に管理されるという。データの内容や閲覧者に応じて利用範囲や期間、ダウンロードの可否なども設定できる。

 営業時に顧客へカタログを閲覧してもらったり、ペーパレスの社内会議、店頭などでのプレゼンテーション、研修用ツールなどで利用できるとしている。

tncom01.jpg 画面イメージ

 利用料金は、基本料金(1契約ごと)が月額2625円、ユーザー利用料金が月額367.5円(1ユーザーあたり。50ユーザーから利用可能)。対応端末はタブレット端末ではiPad(iOS 4.3.1以降を推奨)とAndroid(Android 3.x、Android 4.0)。スマートフォンがiPhone(iOS 4.3.1以降を推奨)とAndroid(Android 2.2以上および4.0)。サービス提供基盤にはイン

フォテリアの「Handbook」を採用した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -