レビュー
» 2012年12月03日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:重複排除によってバックアップ環境を改善した6つの事例

データ保護の重要性が高まる中、従来のバックアップ環境では解決できない課題が出てきた。その解決策として「重複排除技術」を活用し、バックアップ時間の大幅短縮を実現した企業などの6つの改善事例を紹介する。

[PR/ITmedia]

 企業の貴重なデータ資産を保護するバックアップ環境。万が一のシステム障害に備え、事業の継続性を確保するためにも非常に重要な役割を担っている。しかし、サーバ仮想化の普及によるシステムの複雑化、データ量の増加に伴う運用管理コストや人的負荷など、自社に最適なバックアップ環境を構築・運用するための課題は数多い。

  • サーバ仮想化環境で増え続けるバックアップ時間を改善したい
  • 本社/データセンター間のディザスタリカバリシステムを構築したい
  • ネットワークの回線負荷などを抑え、バックアップ環境のTCOを削減したい
  • オンラインストレージを活用したバックアップを運用したい
  • 異機種混在環境におけるバックアップを統合したい
  • リモートバックアップサービスを構築したい

 本稿では、上記の課題を解決した企業6社の事例を紹介する。各社が抱えていた課題はさまざまだが、その解決策は「重複排除技術によるバックアップ効率化」と共通している。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ