レビュー
» 2012年12月04日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:VMware Viewによるデスクトップ仮想化がもたらす業務効率の向上とは?

デスクトップ仮想化は、エンドユーザーの業務効率と情報システム部門の運用効率の両方を向上させる画期的なソリューションだ。中でもヴイエムウェア社の「VMware View」は、数々の先進機能によって早くも多くの効果を挙げている。

[PR/ITmedia]

 昨今、業務効率改善のためのさまざまなソリューションが提唱されているが、依然として進歩が見られないのがデスクトップPCの管理だ。個人に割り当てたPC(その他デスクトップ端末)は情報システム部門側でのその後の管理が実質的に不可能であり、エンドユーザーにPCのパッチ適用やアンチウイルスソフトの管理といった作業を強いざるを得ないのが現状である。結果的に個々のPC管理が煩雑化し、セキュリティ上のリスクも常に隣り合わせという状況を作っている。

 こうした問題を解決するソリューションとして期待されているのがデスクトップ仮想化だ。このホワイトペーパーでは、デスクトップ仮想化がエンドユーザーの業務効率をいかに改善するかを詳しく解説している。

 さまざまなデスクトップ仮想化製品がある中で、このホワイトペーパーでは仮想化技術のリーディングベンダーであるヴイエムウェア社の「VMware View」にフォーカスしている。デスクトップ仮想化のメリットに加え、VMware Viewだからこそ実現できる課題解決について、認定ディストリビューターのネットワールドが解説する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -