レビュー
» 2012年12月06日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:サイバー攻撃の進化に負けない! セキュリティ機能を備えたネットワーク基盤とは

急激なサイバー攻撃の大規模化、複雑化に即応できるネットワークセキュリティ対策とは何か。耐障害性やスケーラビリティを考慮したネットワーク基盤は、その最適解となる。

[PR/ITmedia]

 ネットワークを取り巻く脅威は大規模化、複雑化の一途をたどる。分散サービス妨害(DDoS)攻撃の規模は急拡大しており、ファイアウォールを回避するWebアプリケーションレイヤーの攻撃も多発している。こうしたネットワークの脅威に備えるに当たって、従来型のセキュリティ対策だけでは十分ではなくなっているのが現状だ。

 本ホワイトペーパーが解説するのは、ネットワークの基盤レベルからセキュリティの在り方を見直すというアプローチだ。耐障害性やスケーラビリティを備えたネットワーク基盤によって、大規模なサイバー攻撃にも耐える防御態勢を構築できる。グローバルに分散したインターネットエッジでWAFを稼働させることで、悪質なトラフィックを検知・ブロックするなど、従来のセキュリティ対策とは一線を画す興味深いアプローチが満載だ。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -