レビュー
» 2012年12月07日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:ソフト開発企業の命運を分ける? 「ブレークスルーアプリケーション」とは

近年、次世代の業務アプリケーションのあるべき姿を「ブレークスルーアプリケーション」と呼ぶ動きが出てきた。このブレークスルーアプリケーションの開発に対応できるか否かが、ソフトウェア開発企業の命運を分ける。

[PR/ITmedia]

 近年、業務アプリケーションに対する新たなニーズが沸き起こりつつある。スマートフォンやタブレットなど、さまざまなクライアントデバイスにおけるユーザーインタフェースや使い勝手の最適化。また、ビッグデータに代表される、画像や音声、テキストといった非構造化データを含む多種多様なデータを扱うことができる能力。そして、従来のデータウェアハウスやビジネスインテリジェンスのようなバッチ処理型のデータ分析を越えた、リアルタイム分析処理のニーズだ。

 こうした新たなニーズに対応できる次世代の業務アプリケーションのことを「ブレークスルーアプリケーション」という。こうしたアプリケーションを開発するには、旧来の手法では心もとない。データベースやUIなどの要素技術においてブレークスルーが必要であると同時に、これらを統合した新たなアプリケーションプラットフォームが求められる。

 本ホワイトペーパーは、欧米で多くの実績を挙げているブレークスルーアプリケーションの開発プラットフォームの一端を紹介すると同時に、アプリケーション開発ベンダーがこの新たな流れにどう対峙すべきかを示す。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -