レビュー
» 2012年12月10日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:ワークフローのリプレース検討、国内企業に必要なワークフロー機能とは?

ワークフローのリプレースを考える際、何を基準に製品選定すればよいだろうか。豊富な導入実績はそれだけユーザー企業の声が取り入れられた機能強化を実現している証だ。

[PR/ITmedia]

 自社のビジネス上の処理手続きを自動化するワークフロー。今や内部統制のためでなく、従業員の生産性を向上したり、企業活動を円滑に行う上で欠かせない機能といって差支えないだろう。そのため、最近ではグループウェアの機能の1つとしてワークフローが用意されていることが多いが、実際に自社で導入するとなるとなかなかベストマッチする製品が少なく、製品選定に苦労することが多いだろう。特に日本企業にとってのワークフローは、企業ごとに異なる組織構造や承認ルート設定など、きめ細かな機能が求められる。海外製のグループウェア/ワークフロー製品では、なかなか自社の要望に応えられない製品が多いのが現状だ。

 本資料では、グループウェアの導入実績4000社を誇るリスモン・ビジネス・ポータルが開発したワークフロー製品の機能概要と導入事例を紹介している。実際のユーザー企業の声や導入ノウハウを基に強化された機能群は、きっと自社のワークフローを見直すきっかけとなるだろう。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -