ニュース
» 2012年12月12日 14時05分 UPDATE

日本HP、Webアプリ開発を支援するシミュレーションツールを提供

日本HPが、Webアプリケーション開発を支援するシミュレーションテストツール「HP Service Virtualization 2.3」日本語版を発売した。

[ITmedia]

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は12月12日、Webアプリケーションの開発を支援するテストツール「HP Service Virtualization 2.3」日本語版を発売した。

 HP Service Virtualization 2.3は、Webアプリケーションの各サービスコンポーネントのシミュレーションテストを行うためのソフトウェア。SOAPやREST、JMSなど主要なWeb技術に対応し、幅広いWebサービス環境のシミュレーションテストを行えるとしている。テスト用データを設定するパラメータファイルとしてExcelファイルを使用できるほか、運用中のサービスのトラフィックをリアルタイムで記録する機能も備える。

 同社のアプリケーション負荷テスト自動化ツール「HP LoadRunner」との連携にも対応する。テスト担当者は負荷テストの実施時に、HP LoadRunnerの管理画面からシミュレーションツールのログや応答時間を確認できる。

 シミュレーションツールを作成、編集する「Service Virtualization Designer」と、作成したツールをサーバ上に設定する「Service Virtualization Server Instance」の2製品を展開する。価格はDesigner Seat Userが167万8950円、Server Instanceが5040万円(いずれも税込み)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -