ニュース
» 2012年12月13日 17時26分 UPDATE

イントラの脆弱性診断と対策を提供へ、KCCSとウォッチガード

京セラコミュニケーションシステムとウォッチガードが協業し、イントラシステムの脆弱性診断と対策を展開する。

[ITmedia]

 京セラコミュニケーションシステム(KCCS)とウォッチガード・テクノロジ・ジャパンは12月13日、脆弱性診断と対策を組み合わせたソリューションを提供すると発表した。

 このソリューションは、KCCSが提供する中堅・中小企業向けのクラウド型ネットワーク脆弱性診断サービス「nCircle PureCloud」とウォッチガードの統合型セキュリティアプライアンス「WatchGuard XTM」を組み合わせたもの。

 これにより、ユーザー企業では社内ネットワークのシステムの脆弱性洗い出しとその防御への取り組みを継続的に実施していけるとしている。nCircle PureCloudからWatchGuard XTMのIPS機能が正常に稼働しているかも確認できるという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -