ニュース
» 2012年12月18日 13時58分 UPDATE

アルバネットワークス、802.11ac対応の無線LANコントローラを発表

最新無線LAN規格のIEEE 802.11acをサポートした「Aruba 7200シリーズ」を発売する。

[ITmedia]
aruba1218.jpg Aruba 7200シリーズ

 アルバネットワークスは12月18日、IEEE 802.11acをサポートする企業向け無線LANコントローラの新製品「Aruba 7200シリーズ」を発表した。2013年1月に発売する。

 新製品は、ギガビットクラスの通信速度が可能な最新の無線LAN規格「IEEE 802.11ac」に対応。40Gbpsのステートフルファイアウォールや暗号化のセキュリティ機能を備えるほか、最大3万2000台のデバイスをサポートする。「Aruba AppRF」という無線処理技術も採用。レイヤ7でのパケットの詳細解析を行い、アプリケーションやサービス特性に応じて安定した通信品質を確保するという。

 同社によれば、米ペンシルバニア大学が3500のアクセスポイントと13台のコントローラを設置する無線環境で新製品を評価しており、国内は東京大学での採用が決定した。販売価格は最小構成のAruba 7210で306万円からとなる。

関連キーワード

Aruba Networks | IEEE802.11ac | 無線LAN


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -