ニュース
» 2012年12月19日 16時51分 UPDATE

FFRIがマルウェア解析ツールを機能強化、即応性を向上

フォティーンフォティ技術研究所は、「FFR yarai analyzer」で簡易判定ができる機能を新たに実装した。

[ITmedia]

 セキュリティ企業のフォティーンフォティ技術研究所は12月19日、マルウェア自動解析ツールの最新版製品となる「FFR yarai analyzer Ver.1.2」を発売した。

 yarai analyzerは、標的型サイバー攻撃に使われる未知のマルウェアを自動的に解析するためのツール。セキュリティインシデントが発生した場合に、社内などで発見された不審なプログラムなどがマルウェアであるかを調べられる。官公庁や製造大手などの企業で採用されているという。

yarai1219.jpg 利用イメージ

 最新版では従来の詳細な解析レポートを提供する機能に加えて、マルウェア判定のみを行う簡易判定機能を新たに搭載した。マルウェアの存在の有無を把握してその対応を迅速化させたり、メーカーなどでは出荷前の製品にマルウェアが混入していないかを容易に検査したりできるようになる。

 同社では今後、海外のマルウェア解析製品では対応が難しい国内ユーザーのニーズに基づく機能強化を随時行うとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -