レビュー
» 2012年12月20日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:2時間でWebパフォーマンスを12倍に向上する方法

新たなテクノロジーの採用やクラウド化といった背景により、Webインフラは極めて複雑なものになっている。本書では、衣料品などのオンライン販売でトップ企業となった米Zappos社の事例に即して、Webパフォーマンス最適化の取り組みについて解説する。

[PR/ITmedia]

 Webパフォーマンス低下がビジネスに悪影響を与えるということは、今や、周知のことである。

  • 米Forresterは、ページ表示が3秒を超えると40%のWebサイト利用者が他のサイトに移る、と報告している
  • 米Amazonは、ページの表示時間が0.1秒遅延すると収益が1%減少する、と推定している
  • 米Microsoftは、Bingにおける検索結果が1秒遅延すると収益が2%減少する、と結論づけている

 一方、Webサイトのパフォーマンスを効率的に改善する上では、次のような課題が存在する。

  • 開発/テストフェーズでは、「テスト→改修→再テスト→検証」といったサイクルを繰り返さざるを得ない
  • 本番運用フェーズでパフォーマンス問題が発生しても、現象の再現ができない
  • 開発を外部に委託している場合、重要な情報を含むシステムへアクセスさせることができない

 では、このような課題を解決する方法はあるのだろうか?

 本書では、コンピュウェアの画期的な次世代APMソリューションと、それを用いてWebパフォーマンスを効率的に最適化した米Zapposの取り組みについて解説する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -