ニュース
» 2013年01月07日 15時30分 UPDATE

2012年3月期の国内ITサービス市場、主要ベンダーの半数がプラス成長――IDC調査

IDC Japanによると、2012年3月期の国内ITサービス市場では、売上高が1000億円を超える主要ベンダー11社のうち5社がプラス成長を記録した。

[ITmedia]

 IT調査会社のIDC Japanは1月7日、国内ITサービス市場に関するベンダー競合調査の結果を発表した。2012年3月期の同市場では、売上高が1000億円を超える主要ベンダー11社のうち日立製作所、伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)、ITホールディングス、NEC、日本ユニシスの5社がプラス成長を記録した。

photo 国内ITサービス市場:成長率上位5ベンダーの売上額前年度比成長率と産業分野別寄与度、2012年3月期(出典:IDC Japan)

 各社の売り上げ推移を産業別で見ると、CTCは通信/メディア向けの売り上げを伸ばす一方、日立は政府/公共向けの売り上げを伸ばすなど、ベンダーごとに大きなばらつきがあった。IDC Japanでは「主要ベンダー11社の産業分野別業績は全体としては回復傾向にあるものの、その回復は『まだら模様』だ」と指摘している。

関連キーワード

ベンダー | IDC | ITサービス | 調査 | 成長率


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -