レビュー
» 2013年01月22日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:基幹業務をIaaSに移行した、1人情シスのクラウド移行プロジェクト

経理システムを含めたITインフラをクラウドへ移行した住宅デベロッパーの事例を紹介する。クラウドへ移行をしたいが、技術やサポートに不安を感じている“1人情シス”も安心なクラウド移行プロジェクトだ。

[PR/ITmedia]

 1人で数多くの業務をこなす中堅・中小企業の情報システム部門の中には、自社で保有しているITインフラをクラウド化したいと考えるケースも多いだろう。だが、セキュリティや移行ノウハウなどに不安を感じ、踏み切れない企業は多いのではないか。

 埼玉県の住宅デベロッパーである横尾材木店は、震災による計画停電やサーバの老朽化を契機に、ファイルサーバやPCログ管理サーバ、ディレクトリサーバ、経理システム用の基幹業務サーバをクラウドに移行することに踏み切った。

 しかし、いざクラウドを導入する際、サーバ移行の段取り、クラウド環境までのネットワークの性能、クラウド化した後のサポートなど多くの懸念があった。そこで選択したのがbit-driveのIaaSだ。

 bit-driveでは、顧客への綿密なヒアリング通し、クラウドへの移行作業を万全にサポートする。企業とクラウド環境を結ぶネットワークも24時間体制で監視するなど、安定運用も支援。VPN接続によるセキュアなプライベート型クラウドも可能だ。1人情シスでも安心してできるクラウド導入の事例、詳しくはホワイトペーパーをご覧いただきたい。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ