レビュー
» 2013年01月23日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:費用面で一度は見送った約20台のサーバ仮想化。オンプレミスよりローコストなプライベートクラウドで実現!

事業拡大に伴い、次々とシステムを導入した結果、サーバ台数が増え、管理・運用負荷が増大していた株式会社エヌ・ユー・エス。膨らみ続けるITコストの削減を目的にサーバ仮想化を行い、さらに安定稼働の観点で冗長化対応も。そのとき選んだサービス・パートナーは?

[PR/ITmedia]

 プリント業務の最適化を包括的に提案するBPOサービスを始め、様々な事業を展開する株式会社エヌ・ユー・エス。事業の拡大に伴い業務効率化を目的に次々と新しいシステム導入を行ってきた。その結果、サーバは約20台にも増え、管理・運用負荷の増大によるITコストが問題となっていた。

 その問題を解消すべく、同社ではビットアイルをパートナーに選び仮想化と冗長化を同時に行えるプライベートクラウドサービス「サーバオンデマンドNEXT」を導入した。

 冗長化を行ったのは以前サーバの障害でシステムが落ち、業務が半日ストップした苦い経験があったからである。3カ月という短い期間での導入ではあったが、トラブルもなく無事に移行が完了し、サーバ管理・運用負荷の軽減を実現している。

 なぜ同社はビットアイルの「サーバオンデマンドNEXT」を導入したのか。本ホワイトペーパーでは仮想化においてリスクを回避する方法、そして選定の舞台裏を紹介。サーバ仮想化、プライベートクラウドを検討する際には一読の価値ある内容となっている。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ