ニュース
» 2013年01月23日 14時00分 UPDATE

ミサワホームグループ、AWSを基盤とする人事システムを採用

ミサワホームは既に導入している人事パッケージをクラウドでグループ各社に展開する予定だ。

[ITmedia]

 ミサワホームは、ワークスアプリケーションズが提供する人事システム「COMPANY」をグループ企業に展開するため、システム基盤にパブリッククラウドサービス「Amazon Web Services(AWS)」を採用した。ワークスアプリケーションズが1月23日に発表した。

 ミサワホームでは、2002年からCOMPANY 人事シリーズを利用している。今後、ミサワホームグループ41社、1万人以上の統一人事情報基盤として、2014年10月までを目途に順次導入していくため、AWS上でCOMPANYの稼働環境の構築やシステム運用を行うサービス「CCMS」を採用した。これにより、自社でサーバ管理やインフラ運用する負荷が軽減するという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ