レビュー
» 2013年01月24日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:Trend Micro Deep Security7.5性能検証報告書(不正プログラム対策編)

想化・VDI環境において、VMware vShield Endpointと連携したセキュリティソリューション”Trend Micro Deep Security7.5”のエージェントレス不正プログラム対策(ウイルス対策)機能において、実際に仮想化環境にどれだけの負荷・影響を及ぼすかを検証した結果です。

[PR/ITmedia]

 仮想化・VDI環境向けセキュリティソリューション”Trend Micro Deep Security7.5”の不正プログラム対策機能(ウイルス対策機能)において、手動検索(手動による検索の実行)、リアルタイム検索を仮想化環境上のゲストOSにおいて実行した際に、CPU及びメモリの消費量等性能面での影響範囲を検証。同時にウイルスバスターコーポレートエディション10.5との影響の比較も行いました。

 なお、本検証はトレンドマイクロ株式会社、富士通株式会社、株式会社富士通ソフトウェアテクノロジーズ3社による共同検証結果です。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ