ニュース
» 2013年02月04日 12時46分 UPDATE

CA Technologies、特権・共有IDの管理製品を発売

JSOX法やIT内部統制などの監査では今なお特権・共有IDの運用に対する指摘を受ける企業が少なくないという。

[ITmedia]

 CA Technologiesは2月4日、エージェントレス型の特権・共有ID管理製品「CA ControlMinder Shared Account Management」を発売した。併せて同製品と操作画面録画製品をセットにし、300ライセンス分から購入可能な「特権ID管理自動化パック」を期間限定で出荷する。

 CA ControlMinder Shared Account Managementは、一時的にパスワードを発行することで、特権・共有IDへのアクセス権限を提供する。特権・共有IDへのアクセスを制限するほど、アカウントの使用も監視し、監査の対応も支援する。管理対象システムにプログラムを導入する必要がないのが特徴という。

 参考価格は1000ライセンスの場合で1000万円(税別)。300ライセンスから購入可能な特権ID管理自動化パックの提供は3月31日までで、4月1日以降は1000ライセンスからの購入になる。

関連キーワード

ID管理 | アクセス制御 | 内部統制


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -