レビュー
» 2013年02月08日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:ビジネスを成功に導く、ソフトウェア品質のための6つの戦略

品質管理の自動化は、チームが製品品質向上、コスト削減、デリバリーの短期化を図るための方法の1つだ。品質管理の自動化の利点、その導入の発展、および将来におけるその拡大の機会について検討する。

[PR/ITmedia]

 ビジネスと深くかかわり、その成否に直結するアプリケーション(ソフトウェア)は、ビジネスをけん引する原動力として重要な役割を担っている。一方で技術はより複雑になり、変化するビジネス機会をつかむためにさまざまな機能追加が必要になっている。今や、企業にとってアプリケーションの品質、信頼性、性能の向上は、最優先で取り組まなければならない重要課題となった。

<ソフトウェア開発コストの60〜80%がヌケ・モレ対応に充てられている>

 ある調査によれば、ソフトウェア開発コストの60〜80%が手戻りの修正に充てられているというデータが報告されている。そして、さらにソフトウェアの不具合などが原因でビジネスに障害をもたらしたとしたら、そのリスクはコスト増大の要因となる。ソフトウェアに関連するコストとリスクは、今あるビジネスと今後のビジネス機会の可能性に深刻な影響を及ぼしかねない。

<コストとリスクを削減する6つの戦略>

 このホワイトペーパーでは、ソフトウェアの開発および品質管理を行う上で、高い価値をもたらすことが実証された6つの戦略を紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ