レビュー
» 2013年02月12日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:ソフトウェア投資の投資対効果(ROI)を向上させる5つのヒント

ソフトウェア投資に関する投資対効果(ROI)を改善するために、IBMが推奨する5つのヒントを紹介。

[PR/ITmedia]

 企業は、最終的に、想定したパフォーマンスを下回るIT投資やソフトウェア製品を開発して、毎年多額の投資を無駄にしている可能性がある。それは、どのソフトウェアや製品に投資すれば、ビジネスに多大な価値をもたらしてくれるかを判断することが必ずしも容易ではないからだ。

 顧客やエンドユーザーのニーズを満たしながらビジネス上の価値も実現するソフトウェアを特定するのは非常に難しい。さらには、多くの企業でいつプロジェクトを中止すべきか、どのように市場に製品を出す時機を決定するかといった、適切な決定を下すために必要な可視性が不足している。

 ソフトウェアプロジェクトを効果的に行うことは、ビジネスに対する価値を実現する上で、投資対象を選択することと同じくらい重要だ。それには、プロジェクトのパフォーマンスを的確に評価し測定する、正確かつタイムリーに実施可能な情報が不可欠で、プロジェクトの成否をも決定する。ソフトウェア投資に関する投資対効果(ROI)を改善するための5つのヒントを紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ