レビュー
» 2013年02月13日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:「ビッグデータ」を「スモールスタート」する段階的なシステム構築

ビッグデータ分析のために高価なDWHアプライアンス製品を採用したとしても、それを将来使い切ることができるかどうか、導入時には誰にもわからないケースが多い。「ビッグデータ」を「スモールスタート」し、かつ利益を生み出すコツはあるか。

[PR/ITmedia]

 ビッグデータの本質は、これまで注目してこなかったデータをトライ&エラーを繰り返しつつ集計・分析してみることだが、システム構築の観点から見ると、その規模が本質的に決定できない難しさがある。ビッグデータ分析のために高価なDWHアプライアンス製品を採用したとしても、それを将来使い切ることができるかどうか、導入時には誰にもわからないケースが多い。

 サーバの保守切れやリース満了間近になってからのシステム見直しも厄介だ。コストパフォーマンスの良さと、変化に強いシステムを構築するためにクラウドを選択するものの、サービスレベルやセキュリティの面において要件に必ずしも応えられるとは限らない。

 段階的なシステムの導入や見直しは大きな課題だ。本ホワイトペーパーでは様々なシーンでの段階的なシステム構築の勘所を解説する。これらはITの災害対策にも有効な視点であり、利益を生み出すヒントでもある。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ