レビュー
» 2013年02月20日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:ギガバイトクラスの大容量ファイルを、TCPの30倍の速さで転送する革新的転送ソフトウェアのご紹介

データ・コミュニケーションの進展に伴い、データ容量や通信距離に関係なくセキュアに、高速に、そして安価にファイル転送したいという要望はますます高まっている。従来のTCPベースでは不可能なこの課題をSkeed社は画期的な独自技術により解消した。

[PR/ITmedia]

 経済活動のグローバル化、IT化と共にデータ・コミュニケーションの重要性は増すばかり。一方、ファイルの大容量化、通信距離の延伸及び通信品質の不安定化など、データ転送を取り巻く状況は大きく変容している。しかし、インターネットの通信プロトコルであるTCP/IPはこの状況に対応できない。ファイル容量はブラウザに依存するが2GB程度が限界であり、長距離になれば遅延も拡大し業務に支障を来す。結果、HDDやDVD、USBメモリなどの物理搬送に頼らざるを得ない。

 Skeed社が独自開発したプロトコルはこうしたファイル転送の限界を乗り越えた画期的なものであり、通信経路において消費可能な空き帯域を十分に活用することで高速化を実現、転送可能なファイル容量にも上限はない。更にセキュリティ機能やレジューム機能も備えた、理想的なファイル転送ソリューションである。

 今回紹介するのは、このコア技術を活用したシンプル構成のファイル転送ツール、高度なシステム連携ツール、メールアドレス先に簡便に送達するツールの3つ。無料トライアル版を提供しているので、実際どのくらい違うものなのか、是非、確かめてほしい。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ