ニュース
» 2013年02月21日 08時00分 UPDATE

ネットアップ、ハイエンドストレージ「FAS6200」の新モデルを発売

ネットアップがハイエンドストレージ「FAS6200」シリーズの新モデルを発売。従来モデルと比較してリード/ライト処理速度などを向上させたという。

[ITmedia]

 ネットアップは2月20日、ハイエンドストレージ製品「FAS6200」シリーズの新モデル「FAS/V6220」「FAS6250」「FAS6290」を発売した。従来モデルと比較してリード/ライト処理速度などを向上させたという。

 FAS6200シリーズは、容量を最大65ペタバイト超まで拡張できるストレージ製品。新モデルはフラッシュ技術の活用で、従来モデルと比べてIOPS(Input Output Per Second:1秒間に処理できるリード/ライトの回数)を約80%向上。レイテンシも最大90%削減するとしている。

 またFAS/V6220では、99.999%以上の可用性を確保するほか、運用を止めることなくシステムをアップデートできる独自OS「clustered Data ONTAP」も利用できるようにしたという。

 新モデルの最小構成価格は887万円(税別)から。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -