レビュー
» 2013年02月25日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:データグリッド表示形式の実用的なアプリケーションにLINQの要素を取り入れよう

データグリッド表示形式の一般的な業務アプリケーションの効率的な開発手法とデータベースへの接続方法を解説する技術資料。

[PR/ITmedia]

 SPREAD for Windows Forms(以下、SPREAD)は、Microsoft Excelと互換性の高い表計算機能を持つ.NET Frameworkコンポーネントである。データグリッドを要件とする業務アプリケーションを効率的に開発することが可能で、その多くは、Microsoft SQL Server(以下、SQL Server)などのリレーショナルデータベースのデータのフロントエンドとして使用される。

 本ドキュメントでは、SPREADを使った実用的なアプリケーションの紹介と、アプリケーションに、.NET Frameworkの統合言語クエリ(Language Integrated Query)であるLINQの要素を取り入れる方法を具体的な手順とともに紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ