ニュース
» 2013年02月27日 15時50分 UPDATE

日本IBM、工場エネルギー管理ソリューションを発表

生産管理ソリューションの機能を拡張した工場エネルギー管理ソリューション「GIView FEMS」を日本IBMが発表した。

[ITmedia]

 日本IBMは2月27日、サプライチェーンの最適化を支援する生産管理ソリューション「IBM Global Integrated View(GIView)」を機能拡張した工場エネルギー管理ソリューション「GIView FEMS」を発表した。同日から提供開始する。

 同ソリューションは、工場で使用する装置の詳細なエネルギー使用状況を可視化して、工場全体の省エネ実現のために必要なエネルギー監視、生産計画や実績を考慮したエネルギーの効率化、需給予測によるコスト最適化、電力障害による生産影響の最小化などの機能を提供する。

 また、GIViewを構成するモジュールの1つである「Manufacturing Execution System(MES)」の拡張機能として、GIViewやそのほかの生産管理システムと連携することで、その時の加工状況を重ね合わせたエネルギー用途を把握し、工場全体のエネルギー最適化を実現できる。

 価格は500万円(税別)から。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ