レビュー
» 2013年02月28日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:VMware仮想環境の構築に成功した中堅・中小企業の共通点

中堅・中小企業でも仮想化技術の導入が進んでいる。しかしその導入メリットを十分に生かしきれていない企業は少なくない。VMwareによるサーバ仮想化、デスクトップ仮想化を成功させた事例を交えながら、仮想環境に適したITインフラを解説する。

[PR/ITmedia]

 ITインフラ最適化のソリューションとして、多くのメリットをもたらす仮想化技術。特にITインフラの拡張性や柔軟性などへの効果が期待されている。しかし、「人」「予算」「スキル」が限られている中堅・中小企業ではそのメリットを生かしきれないことも多い。

 本稿では、VMwareのサーバ仮想化によって50台以上のサーバを8台に集約したマイナビ、BCP/DR対策を見据えてデスクトップ仮想化に移行した日本パレットレンタルなどの事例を紹介。また、VMware環境を最適化するために両社が採用したソリューションの特徴や導入メリットを解説する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ