ニュース
» 2013年02月28日 14時56分 UPDATE

Oracle Database専用のストレージ管理ソフトウェアを発表

日本オラクルは、ストレージ管理ソフトウェア製品「Oracle Snap Management Utility for Oracle Database」を発表した。

[ITmedia]

 日本オラクルは2月28日、ストレージ管理ソフトウェア製品「Oracle Snap Management Utility for Oracle Database」を発表した。データベース「Oracle Database」に最適化されたストレージの効率性や可用性が向上するという。

「Oracle Snap Management Utility for Oracle Database」の画面 「Oracle Snap Management Utility for Oracle Database」の画面

 新製品は、オラクルの統合ストレージ製品「Sun ZFS Storage Appliance」とOracle Databaseの連携によってストレージ管理を簡易化するもの。WebブラウザベースのGUIからアクセスできる。スナップショットやクローニングの機能によって、アプリケーション開発者やデータベース管理者は、ストレージ管理者の作業負荷に左右されることなく、データベース環境の構築やデータ保護などが実行可能だ。

 また、従来、データベースとストレージのリソースを別々に用意するのに費やしていた時間と比較して、数分で新しい環境を構築できるほか、スケジュールやポリシーに基づいたスナップショットの管理を自動化することで、データベース管理者の日常業務を簡素化する。

 対応ストレージ製品は「Sun ZFS Storage 7120 Appliance」、「Sun ZFS Storage 7320 Appliance」、「Sun ZFS Storage 7420 Appliance」。対応データベース製品は「Oracle Database 10g」、「Oracle Database 11g」。

 価格は、管理コントローラ当たり44万8370円から(税抜)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -