レビュー
» 2013年03月04日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:ベストインクラス企業の製造管理システム導入状況「製造オペレーション管理2011」

生産拠点のグローバル展開の成功とコスト削減を実現した世界のトップ企業が、実際に使用している製造オペレーション管理システムとは何か。米国リサーチ会社、アバディーン社が2011年秋に日本を含む世界の製造メーカー150社を対象に実施したリサーチでそれを明らかにしている。

[PR/ITmedia]

 米国リサーチ会社、アバディーン社が日本を含む世界製造メーカー 150社に対して実施した調査によると、生産拠点のグローバル展開で「製造エクセレンス」を達成したベストインクラスの企業が実際に導入している、ERPやMESといったエンタプライズソリューションの導入率は、その他の企業とそれ程大きな違いがないことが明らかになった。

 にも関わらず、「製造オペレーションの可視化」や品質管理における「トレーサビリティ」など実際のパフォーマンス達成度になると大きな違いが出てくることも明らかになった。

この差は、次世代MESといわれている製造オペレーション管理(MOM)システムの運用方法の違いに一因があることも分かった。

 本書では、製造エクセレンスにおけるベストインクラス企業がITソリューションを用いて「製造オペレーションの見える化」と「業務プロセスの標準化」の達成率をどのように向上させたか具体的施策を提言している。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -