ニュース
» 2013年03月05日 11時44分 UPDATE

EMC、1000倍の拡張性を持つビッグデータ分析アプライアンスを発売

機器を追加するだけでテラバイト規模からペタバイト規模まで対応可能なGreenplumのアプライアンスを発表した。

[ITmedia]

 EMCジャパンは3月5日、ビッグデータ分析アプライアンスの新製品「EMC Greenplum Data Computing Appliance Unified Analytics Platform Edition」を発売した。機器を追加することなくデータ量をテラバイト規模からペタバイト規模に拡張できるのが特徴。

 新製品は、SQL用の「Greenplum Database」とHadoop処理向けの「Greenplum HD」、Greenplumパートナーのビジネスインテリジェンス製品、ETL製品、分析アプリケーション製品を統合したもの。従来製品に比べてデータロード性能が60%向上し、1ラック構成で毎時16テラの性能を実現したほか、データスキャニング性能でも70%、多重ワークロードに対して145%の性能の向上を図ったという。

 1ノードあたりの参考販売価格は、36テラバイト(圧縮時)のクオーターラックモデルが5000万円(税別)からとなっている。

関連キーワード

EMC | Greenplum | ビッグデータ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -