ニュース
» 2013年03月11日 11時43分 UPDATE

Facebook、フィットネスや映画、書籍アプリ向けactionを追加

ユーザーがニュースフィードに具体的なアクティビティを投稿できるようにするactionが、Nikeなどのフィットネスアプリや書籍アプリにも設定できるようになった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebookは3月8日(現地時間)、“ライフスタイル系アプリ”の開発者向けに、新しいactionの設置を可能にしたと発表した。

 Facebookは昨年9月、Open Graphをアップデートし、サードパーティー製アプリやWebサイトに「いいね!」以外の例えば(ニュースアプリを)「読む」、(音楽アプリで曲を)「聴く」といった“動詞系”actionを設置できるようにした。例えば音楽アプリSpotifyでは、ユーザーは「Spotifyで○○を聴いている」といったストーリーを投稿できる。

 これまで、ゲーム、メディア、音楽のアプリやWebサイトがactionを利用できていたが、新たにフィットネス、書籍、映画とテレビ番組の関連アプリ向けactionが追加された。

 actions ユーザーが読んだ本の書評や自分が走ったルート、見たい映画やテレビ番組を投稿する機能をアプリに組み込める

 例えば、書籍アプリには「read」(読む)、「rate」(評価する)、「quote」(引用する)、「want to read」(読みたい)という4種類のactionを設定できる。

 ユーザーがこうした具体的なaction付きで自分のアクティビティを投稿することで、アプリのニュースフィード上でのプレゼンスは強化されるだろう。

 この機能のβテストに参加した米Nikeが、フィットネスアプリの「Nike+ Running」に「run」(走る)というactionを追加したところ、runを使って投稿されたストーリーに付いた「いいね!」数は従来のストーリーの約2倍に上ったという。

 nike

 Facebookは7日、ニュースフィードの刷新を発表した。数週間後に新しくなるニュースフィードでは、画像大きく表示され、「音楽」や「ゲーム」といったカテゴリでフィルタリングできるようになる。企業ユーザーにとって、ニュースフィード上のプレゼンスは従来よりさらに重要になるといえる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -