レビュー
» 2013年03月12日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:コンシューマデバイスのセキュリティ戦略計画のために考慮すべきポイント

iPhone、iPadなどのスマートデバイスや、Facebook、Twitterのビジネス利用を始めとした、ITのコンシューマライゼーションは、あらゆるIT組織にインパクトを与えている。本ホワイトペーパーでは、コンシューマデバイスのセキュリティ戦略計画の際に、考慮すべきポイントを紹介する

[PR/ITmedia]

 「ITのコンシューマライゼーション」はここ数年間、IT組織にインパクトを与える最も重要なトレンドの1つである。より高性能なデバイスが次々と発売され、モバイル環境で仕事をする従業員が増えるにつれて、このトレンドの重要性はますます高まっていると考えられている。

 このトレンドは、デバイスが単に変化しただけでなく、ITとそのユーザの関係性をも大きく変化しようとしている。

 これは、セキュリティに顕著な問題をもたらす。広く分散され、多様化したITユーザが、任意のデバイスを使用して、重要なIT資産に安全にアクセスできることを必要としているためだ。

 こうしたトレンドから得られる重要なメリットを確保するには、セキュリティの課題を解決する必要がある。特に、企業にとって重要なシステム、アプリケーション、および情報に対して、承認されたITエンドポイントおよび新しいコンシューマデバイスの両方からアクセスを効果的にコントロールできない限り、このようなメリットを享受することはできない。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -