レビュー
» 2013年03月12日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:動画で分かる! 仮想化時代に求められるストレージの自動階層化機能

データの性質や使用頻度によって格納メディアを分けて管理する「ストレージ階層化」。これを自動化することで運用負荷の低減を実現。仮想化によりストレージの利用方法が複雑化した今こそ、自動階層化機能が求められている。

[PR/ITmedia]

 頻繁に参照されるデータ。コンプライアンス上、保存することが目的化したデータ。こうしたデータの特性や使用頻度によって格納するメディアを使い分ける「ストレージ階層化」はストレージの効率活用の常識となりつつある。性能や価格の異なるドライブを組み合わせてストレージを階層化することにより、コスト、速度、容量を最適化できる。

 ただし、ストレージ階層化を手動で行うのはスキルと手間の両面で負担が大きい。これを解決するのが、EMCのストレージに搭載された技術である。使用頻度に応じてデータを自動的に再配置する最適化技術「FAST VP」、ワークロードが増加したデータを高速なキャッシュに移動してレスポンスを向上させる「FAST Cache」がストレージ階層化の自動化を実現する。本Webキャストでは、FAST VPおよびFAST Cacheの設定方法を動画で紹介。ストレージ自動階層化の設定が非常に手軽であることがご理解いただけるだろう。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -