ニュース
» 2013年03月12日 11時49分 UPDATE

CA、メインフレームアプリケーションの性能管理ソフトを発売

メインフレームでの性能向上や障害対応の効率化を支援する。

[ITmedia]

 CA Technologiesは3月12日、メインフレーム向けアプリケーション性能管理製品「CA Mainframe Application Tuner」を発売した。利用形態などが複雑化する基幹業務システムでの性能改善や障害対応などの効率化を支援する。

 新製品ではメインフレームのアプリケーション性能の問題の詳しい状況をドリルダウン操作で特定するほか、遅延原因となっている部分をソースコードレベルで指摘する。バッチや3270、GUIといった多様なインタフェースでのこれらを分析できる。

 また同社の別のソリューション製品と連携することで、アプリケーションの性能管理、開発やテストのプロセスの効率性の向上も図れるとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -