レビュー
» 2013年03月14日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:サーバ仮想化に必須のストレージ要件とは?

サーバの仮想化に際しては、ストレージの拡張性を考慮する必要がある。仮想環境に連動した拡張性を備えたストレージを選択することにより、管理者はストレージではなくデータの管理に専念できるようになる。

[TechTargetジャパン運営事務局,PR/ITmedia]

 仮想化によりサーバリソースの拡張性が向上するが、ストレージがその拡張性を制約する場合がある。十分な拡張性を備えたストレージを選択すれば、構成がシンプルになり管理やデータ保護、プロビジョニングが容易になる。これを実現するのがIsilonのスケールアウトNASである。

 従来のストレージが持つ16TバイトのLUNという制約。Isilonはファイルシステム、ボリューム管理、データ保護を単一のファイルシステム全体に統合することで、この制約を解決。単一のファイルシステムで18Tバイトから15.5Pバイトまで拡張でき、システム構成をシンプルに保つことが可能だ。

 本ホワイトペーパーでは、Isilonのストレージのアーキテクチャ、それによるコスト削減などのメリットについて詳しく解説。仮想環境下におけるストレージの理想像を提供する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -