レビュー
» 2013年03月14日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:中堅・中小企業が先延ばしできない「データ管理の効率化」

増え続けるデータを効率的に管理するために必要なシステム投資や運用負荷の増大に悩む企業は多い。さまざまな制約がある中堅・中小企業であっても、その問題解決に本腰を入れなければならない状況に来ている。

[TechTargetジャパン運営事務局,PR/ITmedia]

 ある調査によると「企業が保有するファイルデータの年平均成長率は60%」という。また、「回答者の5人に1人がファイルサーバ内のデータ消失を経験しているが、バックアップデータのうちリストア可能なデータは60%にとどまっている」という。現在、多くの企業が「社内データの増加に伴うファイルサーバの乱立」と「バックアップ体制の不備」という問題に直面している。

 しかし、予算や人員などで制約がある中堅・中小企業はその解決に踏み切れないというのが現状だろう。それでも日々データが増大し続ける中、これ以上先延ばしできない状況に差し掛かっている。

 本稿では、中堅・中小企業が抱えるデータ管理の課題に対するベストプラクティスを紹介する。特に「予算が少ないため、ついファイルサーバを増設してしまう」「サーバ仮想化環境のデータを効率的に管理したい」「災害対策を考慮したデータ保護対策を実施したい」という管理者の参考となるだろう。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -