レビュー
» 2013年03月15日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:中堅・中小企業に最適なストレージ活用法 3つのポイント

多くの中堅・中小企業がデータ量の急激な増加を実感している。しかし、その変化に柔軟に対応するストレージ環境を構築できていないのが現状だ。将来を見据えた最適なストレージ環境に見直す必要がある。

[TechTargetジャパン運営事務局,PR/ITmedia]

 増え続けるデータ量への解決策としてファイルサーバを乱立した結果、その運用負荷の増大に悩んでいる企業は多い。従来までのデータ管理手法では、今後効率的に管理できなくなる可能性がある。今まさにストレージ環境を見直す時期に来ているといえる。

 それでは、どのようにストレージを見直せばいいのか? 市場に存在するさまざまなソリューションの中から何を選び、どう組み合わせていけばいいのか?

 このWebキャストでは、特に多くの中堅・中小企業が悩んでいる「データ量の増加への対応」「データ保護と災害対策」「導入・運用コスト」の3つの課題について、その解決に最適なストレージの選定ポイントを紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -