レビュー
» 2013年03月26日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:真のデータウェアハウス用途に適した製品はどっちだ?

クエリパフォーマンス、運用簡易性の観点から「Oracle Exadata」と「IBM Netezza」を徹底的に比較。大量データの照会・分析という真のDWH用途に適したアプライアンスはどちらだろうか?

[TechTargetジャパン運営事務局,PR/ITmedia]

 「Exadataはその着想の一部をNetezzaとTeradataから得ている。両社のおかげでわれわれはハードウェア事業に着手し、そこに参入することになった」。オラクル創業者兼CEOのラリー・エリソンは、2011年1月27日の談話でそう述べた。「Oracle Exadata」はオンライントランザクション処理(OLTP)データベース管理システムを改良し、サン・マイクロシステムズの超並列ストレージシステムとを連携させることで、OLTPと分析クエリ処理の両立を目指したDWHアプライアンスといえるだろう。

 一方、「IBM Netezza」は大量データの照会と分析を目的として設計されたDWHアプライアンスだ。その高いパフォーマンスに加え、運用操作性にも優れ、SQLとLinuxの基礎知識さえあれば動的に変化するワークロードに対して安定したサービスレベルを維持することができる。

 このホワイトペーパーは、OLTPとDWHにおけるクエリ/分析処理の違いを説明するとともに、クエリパフォーマンス、運用簡易性の観点からOracle ExadataとIBM Netezzaを徹底的に比較した資料だ。DWHの真の目的とは何か。なぜDWHが必要なのか。その答えが本資料には示されている。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -