レビュー
» 2013年03月27日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:Oracle DB最上位版のライセンス料金を6分の1に抑える方法とは?!

Oracle Databaseの最上位版であり、高い可用性や管理性、性能を誇る「Enterprise Edition」。このライセンス料金を、なんと通常の6分の1に抑える方法があるという。その具体的な方法を解説しよう。

[TechTargetジャパン運営事務局,PR/ITmedia]

 可用性と管理性、パフォーマンスを高レベルで両立させたデータベースシステムである「Oracle Database 11g Release 2 Enterprise Edition」。障害時にもシステムを止めない「Oracle Real Application Clusters」、データ分割で検索スピードを上げる「Oracle Partitioning」など、さまざまなシステム要求に耐える豊富かつ高度な機能を備える。ただし、最上位版ゆえにライセンス料金の負荷がハードルとなり、普及版であるStandard Editionや他社データベースシステムを選択する企業も少なくなかった。

 コスト面の課題さえクリアできれば、Enterprise Editionを導入したい――。そうした企業に朗報がある。Enterprise Editionのライセンス料金を、なんと通常の6分の1に抑えることができる方法が存在するのだ。コスト面だけでなく、必要なハードウェアやソフトウェアを事前構成することで導入の容易さも高めた、データベースシステム構築の最新像を紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -