レビュー
» 2013年04月03日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:日本食研が実現した事業継続とPC管理工数の削減【仮想デスクトップ導入事例】

約3000台のクライアントPCの管理工数と事業継続性に課題を抱えていた日本食研グループ。仮想デスクトップによるPCのシンクライアント化によりこの課題を解決し、副次効果として東日本大震災で被災した拠点のフォローまで実現した。

[TechTargetジャパン運営事務局,PR/ITmedia]

 日本食研グループは3000台以上のクライアントPCを保有し、管理工数の増大とPCトラブルによる業務停滞が課題だった。これを解決するため同グループは仮想デスクトップによるPCのシンクライアント化を計画。複数ベンダーのソリューションを試用した結果、VMware ViewとIBM BladeCenter Hの導入を決定した。

 日本食研グループがVMware ViewとIBM BladeCenter Hを選んだ理由は何か。仮想デスクトップの導入により、当初課題の解決に加えて生産性の向上を実現したのはなぜか。

 東日本大震災に際しては、仮想デスクトップが被災拠点のフォローに役立ったという。本ホワイトペーパーでは、こうした貴重な事例を紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ