レビュー
» 2013年04月08日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:Hyper-Vによる仮想化統合の5つの勘所

仮想化技術を導入してサーバを統合してみたが、期待通りの効果を得られているのだろうか? そんな疑問を持つ管理者に向け、Hyper-Vの導入メリットを最大化する仮想化統合基盤の実現方法を導入事例を交えながら紹介する。

[TechTargetジャパン運営事務局,PR/ITmedia]

 企業規模を問わず、仮想化を導入してサーバの統合が進められている。その中には「サーバ管理の運用コストの削減」を期待している企業も多いだろう。しかし、必ずしも運用コストを削減できているとは限らない。期待通りの効果を得るためには、幾つかの注意事項がある。

 本Webキャストでは、仮想化統合を成功させるポイントとして「運用の効率化」「バックアップ手法の改善」「サーバの可用性向上」「ストレージ仮想化の活用」「ネットワークの冗長化」の5つを挙げ、企業システム全体を最適化させる方法を紹介する。さらに、Hyper-V技術を駆使したプライベートクラウド構築に必要な5つの技術を解説する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -