レビュー
» 2013年04月08日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:失敗しない! サーバ仮想化からクラウド基盤へのステップアップ

特定の業務システムの仮想化から、全社レベルのプライベートクラウド環境を構築するために必要なこととは? 現在の仮想化導入状況に合わせて、段階的にステップアップできる3つのアプローチを紹介する。

[TechTargetジャパン運営事務局,PR/ITmedia]

 仮想化技術の普及が本格化した現在、一部のシステムの仮想化から始まり、運用の標準化や自動化、セルフサービス化などの段階を経てプライベートクラウドの構築が可能になった。その実現にはサーバだけでなく、ストレージ、ネットワークを含めたインフラ全体の仮想化を実施し、柔軟で管理しやすいインフラを整備する必要がある。

 本Webキャストでは、プライベートクラウドに向けたITシステムへの進化を5つのステップで解説し、システム環境の状況や目的に応じたプライベートクラウド構築への3つのアプローチを解説している。また、Windows Server 2012、System Center 2012などの最新ソリューションと連携する高信頼・高可用性を備えたクラウド基盤の実現方法を紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -