レビュー
» 2013年04月10日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:デスクトップ仮想化セキュリティ製品比較レポート。2つのメジャー製品を徹底比較!

普及が進むデスクトップ仮想化ではマルウェアなどへのセキュリティ対策が急務である。仮想化されたデスクトップでの脅威を検知し保護にはシマンテック製とトレンドマイクロ製、どちらの製品が最良だったか。

[TechTargetジャパン運営事務局,PR/ITmedia]

 このレポートはDennis Technology Labs社による、Symantec Endpoint Protection 12と Trend Micro Deep Security 8 仮想アプライアンスを比較し仮想デスクトップ環境でのセキュリティの有効性を明確にすることを目的としている。

 テストは、入手可能な最新バージョンのソフトウェアを使用して、2012年3月16日から4月5日の期間で実施された。テスト期間中、両製品は実際にユーザーが遭遇する本物のインターネットの脅威にさらされた。テストでは実際にマルウェアに感染されたWebサイトを使用し、できる限り実際のユーザーの体験に近づくように実施された。

 巧妙化するマルウェアの脅威から企業のシステムを守るにはどのようなセキュリティ製品が必要なのか。このレポートでは2つのメジャー製品の比較から最良の製品とその理由を結論として導き出している。

 デスクトップ仮想化のセキュリティ対策および製品導入のための検討資料として非常に有用なレポートである。早めにご一読することをお奨めする。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ