レビュー
» 2013年04月12日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:7カ月で投資を回収──重複排除バックアップの費用対効果

テープを用いた従来のバックアップは、コストとシステム負荷の両面で大きな課題を抱えている。重複排除バックアップソリューションの導入により、これらの課題を解決。さらに具体的なメリットを動画で分かりやすく解説する。

[TechTargetジャパン運営事務局,PR/ITmedia]

 データバックアップといえば従来はテープが主流だったが、テープバックアップはリストアに時間がかかる、テープの輸送や保管にコストが掛かるなど、多くの課題を抱え続けていた。

 ディスクバックアップによりこうした課題の多くは解決するが、バックアップ先をディスク化しただけでは投資に見合った成果は上がらない。「重複排除」技術を組み合わせなければ、ディスクバックアップの真価は発揮できないのだ。重複排除により、バックアップに必要な時間や消費するストレージ容量、ネットワーク負荷を削減。IDCの調査によると、テープバックアップを廃止して重複排除を用いたディスクバックアップを導入した企業は、わずか7カ月で投資を回収できたという。

 どのタイミングで重複排除を行うのかも重要なポイント。また、既存の環境によって導入のしやすさも異なる。本Webキャストでは、重複排除のメリットや事例、2種類の重複排除バックアップソリューション「Data Domain」「Avamar」の効果的な導入例について、動画で分かりやすく解説する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -