レビュー
» 2013年04月15日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:仮想化成功のカギはP2V、確実に移行するには「ShadowProtect」が有効

仮想環境への移行(P2V)で問題となるのが工数と時間。メーカー提供の移行ツールでは、エラーが多発し、作業の見込みが立たない。このような不確定要素の多いツールを使うことは大きなリスクとなる。決まった時間に、確実にP2Vを実施するためのツールが求められている。

[TechTargetジャパン運営事務局,PR/ITmedia]

 仮想化の際に避けて通れないのシステムやデータの移行(P2V)。P2Vは予期せぬ障害が発生しやすくトラブルのもとになる。障害が発生すると、その対応に追われ、工期も大幅に遅れてしまう。仮想化成功のカギはP2Vにあるといっても過言ではない。

 P2Vにはメーカー提供の移行ツールが使われることが多いが、エラーが多発し対応に追われるケースも多い。試行錯誤の繰り返しで先の予定が立たないまま作業を実施するのは大きなリスクだ。P2Vを成功に導くソリューションとして注目されているのが「ShadowProtect」だ。バックアップやサーバーの移行について定評あるツールだがP2Vでも有効に活用できる。

 実際に同ツールを活用しているCSIソリューションによれば「作業時間が大幅に短縮され、検証に時間がとれるようになった」「エンジニアの人数や障害対応も大幅に削減できた」という声が上がるなど、導入効果は非常に大きい。同社にとってShadowProtectは欠かせないツールとなっている。SIerのみならず、仮想環境を活用している企業にとってもShadowProtectは導入メリットのあるツールだ。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -